カードローンの金利を比較したいと言うのであれば、金利の「上限」と「下限」でそれぞれ行なうべきです。 その理由は・・・